使用感はどうかなどを実際に使って判断

使用感はどうかなどを実際に使って判断

自分たちがつくる化粧品その為、如何いうな原料を使用してるのかは気になるところ。納得できる製品が出来るまで、粘り強く改良を繰り返しよう。しかしながら、OEM会社によっては全成分表示を出させないところもあげられます。ここで大切なのは、周囲のスタッフや友人・家族など、出来るだけ全ての人に使い始めてくれること。この流れを何度か繰り返し、コンセプトやイメージ通りの製品へと近づけていくのです。なぜならば、サンプル作成の段階ではまだ正式な契約には至っていなくなりましてしまったので、「企業秘密である処方を開示したくない」と考える会社もあるからということであります。テクスチャー・効果・香り・トラブルの有無などの意見を集め、分析することにより、今後の改良点が見えてくるはずなんです。サンプル使用者の意見や感想なども交え、きりっととした試作依頼書を作るようにする。サンプルがビジョン通りに出来上昇したりするか、使用感はどれだけかなどを実際に使って判断していくことにします。書面を残しておくことで、「申し上げた・言わない」などのトラブルを避けることができます。しかし、開示しない会社が不出来なわけではありません。サンプルの段階で到底全成分表示を出してもらいたい場合は、打ち合わせのときに確認しておくようにしましょう。サンプルの評価・改良は、製品づくりにとってとても重要な作業。改良点を伝える際には、口頭ででではなく書面で伝えるのがベター。サンプルの評価ができたら、改良したい点を化粧品OEM会社へ伝えます。

page top